再び捜索へ~コミュニティFMを活用して!

連絡が取れず、安否確認してほしいという連絡が何件か入ってきて、石巻市の郊外へ向かった。

避難者名簿は避難先ごとに分かれており、どの避難所にいるのかは、一枚一枚探さないといけない。様々な掲示や名簿などを真剣に見つめる姿が各地で見られる。

今回は、Aさんの住所から最寄りの学校を探し、2校目で情報を発見、まもなく県外へ移るということがわかった。しかし、その方の祖母は水没した1階で亡くなったという。学校へ行く前に、被災した家をゼンリンの地図で確認して向かったが、目印の家が流されていたり、路地上に車や家の瓦礫が山積みになっていて、なかなか見つからないのが現状だったが、なんとかたどりつけた。

避難所以外への避難についての情報は、家の壁にメモを貼ったり、書いたりしている場合があるためだったが被災した家には、何も情報は無かった。

避難所にいる理由として、「今も行方不明の家族を捜していること、仕事の関係、瓦礫の処理と貴重品の持ち出し作業(他人の家に突っ込んでしまった自動車を掘り出さないといけない・・・脱出するガソリンが無い」など様々だ。

●コミュニティFM「ラジオ石巻」のさらに活用が決まる!
石巻青年会議所OBのIさんが、市民への情報提供へのFMの活用について、ラジオ局担当者や災害対策本部とも話をしていただき、いよいよ本格的に開始したいと報告があった。
日頃は20MHzですが、災害時での許可が出て100MHzになっており、仙台近くでも聴けるという。周波数は、76.4です。

下記が寄付ラジオの送り先ですが、電池も数点お願いしたい!
現在、宅配なら支店留め、ゆうパックなら本局留めになります。(3月22日現在)

宮城県石巻市南境字新水戸1
石巻専修大学 5号館1階
石巻ボランティアセンター内 「石巻支援NPO連絡会 FMラジオ係」

カテゴリー: 東日本大震災 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中